FC2ブログ
教材は中味を十分に検討する必要があります






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高橋音楽研究所 - 教材ラインナップ
闇雲に馬券を買い漁り、競馬で損ばかりしている中高年の方へ…











高橋音楽研究所 - 教材ラインナップ














































特定商取引法に関する表記は、本ページの最下部に記載しておりますピアノレター人気教材「楽譜を見て、パッ!とピアノを弾く方法」「楽譜を見て、パッ!と即興演奏する方法」「流れてくる音楽を聴いて、パッ!と即興演奏する方法」「コードを1時間でマスターする」の4冊分が1冊になった!ご購入はこちら日本人は、まじめです。まだ、ピアノを学び始めて間もない人々が、実力以上の難しい曲に何ヶ月も挑戦したり、初心者用の教材だけをやり続けたりします。日本人だけがこのような練習方法を積んでいるかどうかはわかりませんが、その努力は、5年後、6年続けてようやく報われる日が訪れます。しかし、実際に長続きしている人はどのくらいいることでしょうか。ピアノで食べていく人たちを除いては、つまらない練習などなるべくしたくはないというのが正直な意見だと思います。特に大人は、すでに様々な曲を聴いてきています。ご自身の演奏に歯がゆさを感じてイライラすることもあるでしょう。これでは、何のためにピアノを始めたのかわかりません。ピアノを上達させる方法は、一般的に、どんどん難しい曲に挑戦していくことが必要となります。これは、紛れもない事実できすが、それ以外にも重要な点があるのをご存知ですか。それは、たくさんの曲にふれることです。選曲は、難しい曲である必要はありません。どんなに簡単な曲でも、音楽性や固有のテクニックを含んでいるので、とても上達するのです。ただただ、難しい曲を弾くよりも、即効性があり、また楽しさもあります。そして、たくさんの曲を弾きこなすために必要な技術は、初見です。初見は、趣味でピアノを楽しむ方々には、最も意味のある技術だと思います。ピアノもろくに弾けないのに、初見なんかできない!そう思った人は勘違いしています。初見は、ピアノが上手だからといって必ずできるとは限りません。現に、音大生でも苦手な人はたくさんいることでしょう。初見で大切なのは、コツです。そのコツさえつかんでしまえば、何のことありません。初見を支える技術には、「移調」「即興」のトレーニングも併用することをお勧めします。そして、その技術がまた、ピアノ演奏を楽しいものにしてくれることでしょう。さらに、初見、移調、即興の技術をより理解するためには「コード」に関する知識も必要です。もちろん、掲載しました。本冊子は、「楽譜を見て、パッ!とピアノを弾く方法」「楽譜を見て、パッ!と即興演奏する方法」「流れてくる音楽を聴いて、パッ!と即興演奏する方法」「コードを1時間でマスターする」が掲載されています。 4冊分が1冊になって、ダウンロード版:5000円ページ数183ページ ご購入はこちら特定商取引法に関する表記は、ページ下部に表示しますまえがききっと大切な訓練の一つなのだろう。訓練をすれば大きな成果が得られることだろう。わかってはいるが、限られたレッスンの時間内に初見や移調、即興のトレーニングを加えることは難しいと考えている先生方がほとんどでしょう。私もピアノを教え始めてから、しばらくはそうでした。指のトレーニングに関する技術的な基礎力と基礎知識、使いこなすためにレベルに合わせた課題曲を用意して、レッスンを進めてきました。「1年後によい成果をもたらすために、基礎力を徹底させる」 これは、創業以来変わらない高橋音楽研究所の目標でもあります。弾きたい曲を練習することだけではなく、しっかりと基礎から学ぶことの重要性は、ピアノに限らず、技術を学ぶことには欠かせないことなのです。 しかし、何よりピアノを上達させるために必要なことは、たくさんの曲を弾きこなすことです。今の時代、これは、大人も子供も難しいことです。仕事や他の習い事も同時にやらなければなりません。ピアノに時間を割くことはほとんどできない方もいらっしゃることでしょう。大きな曲を数ヶ月にわかり仕上げる経験も大切だと思いますが、ピアノを上達させるという点から考えると違います。機械的な技術練習ばかりやっていても、莫大な時間がかかり、何よりもピアノの楽しさがいつまでたってもわかりません。 大人になってからはじめた皆さんは、自分には才能がない、子供からやらなければ上達はしないと思いがちです。しかし、そう感じることは、あなたがピアノを弾きこなすことが可能であることを示しています。つまり、あなたはすばらしい耳を持っているのです。ピアノの上達は、よい音楽を聴くことから始まります。子供は、どんなにきたない音を出しても、何も感じません。それは、美しい音楽、ピアノの奏でる音のすばらしさを知らないから平気なのです。わざわざCDを買ってまで聴いていないとしても、街中やテレビからたまに流れているピアノ曲を聴いているだけで、十分耳のトレーニングとなっています。テレビなどから流れてくるピアノ曲は、有名なピアニストが演奏しています。とくにクラシックの曲は、巨匠と呼ばれる人たちの演奏がほとんどです。テレビで流れたピアノ曲の後に、同じ曲を私が演奏して聴き比べてもらったとしたら、「まだまだだね」と私の肩をポンポンと叩くことでしょう。 あなたは、難しい曲でなければ、高度なテクニックは身につかないと思っていることでしょう。正解だと思います。しかし、どんなに簡単な曲でも、その曲にしかない固有のテクニックを学ぶことができると考えたことはありますか。指の運びと右手・左手のパターンが違えば、違うテクニックを学んでいることになると考えたことはありますか。 私は、初見のトレーニングを「音楽性をいち早く感じる力」「練習時間の短縮化」と「多くの曲を楽しむために」という目的のために、生徒に教えてきました。今はそれに加えて、「難しい曲を弾きこなすためのテクニックを学ぶため」という目的が加わりました。あなたが本書を手にした理由はわかりませんが、ぜひとも初見を練習することの効果を感じてほしいと思います。 よく生徒が、楽譜を読むのが遅いから初見などとんでもないといいますが、そんなこと心配する必要はありません。本を読むのが遅いからといって、音読ができない理由にはならないでしょう。多くの生徒が、音符を読むのが遅いことを心配していますが、初見を弾くためには、「どこを見ているのか」が重要です。今、鍵盤を叩いている部分を楽譜で眺めていては、遅いのです。もっと先を見ていなければなりません。この感覚さえつかめば、初見などそう難しいことではありません。ですから、目を柔軟に動かすトレーニングと、演奏中に先へ先へと視線を送るトレーニングが必要です。 譜面どおり、正確な初見演奏を目指すには、音を読む力を上げることも重要ですが、趣味の段階では、(初見演奏では)そこまで正確な音楽を求める必要はないでしょう。正確さを求めて、硬い演奏になっては、音楽性にも支障をきたします。初見演奏の初心者には、間違えても気にせずに進む勇気だけが必要です。そこまでくれば、正確な演奏をするためのトレーニングをご自身でも考えることができるようになるでしょう。 本書は、初見演奏の他にも、移調・即興を学ぶ方法を、ご紹介しています。これらの能力は、相互に結びついて、音楽性を育てるのに役立ちます。さらに、本書の内容をより理解するために必要なコードの知識も加えてご紹介いたします。 私たちの目標は、「音楽をより生活の中に溶け込ませること」です。演奏すること、演奏を聴くことを日常のごく一部として行うことで、より豊かな生活になり、楽しみも増すのではないかと考えています。そのために、レッスンの回数を増やせない方、レッスンに通うことも難しい方へ、独学用に学べる教本を作ろうと考えました。 ぜひ、皆さんが個々に音楽と向き合う方法を見つけていただければ、とてもうれしく思います。2007年5月 高橋 裕二  本書は、「楽譜を見て、パッ!とピアノを弾く方法」「楽譜を見て、パッ!と移調する方法」「流れてくる音楽を聴いて、パッ!と即興演奏する方法」「コードを1時間でマスターする!」の全文を掲載しております。◆楽譜を見て、パッ!とピアノを弾く方法-----------------------------------------3 第一編 心得  初見学習は可能か/「初見の練習」か、「演奏の練習」か/なぜ、初見を学びたいのか/初見の効  果/ピアノの初見(譜読み)が難しい理由/初見を上達させるための一番の方法/「数こなし」  「連弾曲」以外のトレーニングなど 第2編 初見のトレーニング方法  譜読みトレーニング/初見準備/さらに初見技術を磨くための準備/鍵盤を見ないで演奏するとき  にミスを減らす練習方法/音型攻略 第三編 初級の実践◆楽譜を見て、パッ!と移調する方法---------------------------------------------82 第一章 どうやって移調するか?  移調のポイント/今までの移調/移調の方法/万能ではない/「一つ上げて」「半音下げて」 第二章 移調するのに必要な能力を身につける  移調を身につけるためにどのような能力が必要か?/実践課題~スピードマスターによる即読み  トレ~/スピーマスター/さらに発展した練習方法/音程判断/すべやく度数を判断するためのコツ  /和音も瞬時に判断する能力を身につけるスピードマスター/調号や臨時記号に対応して読めるよ  うにする/臨時記号も攻略!◆流れている音楽を聴いてパッ!と即興演奏する方法------------------------------131 第一章  課   題 第二章 メチャクチャな音楽から、美しい音楽を奏でる  初めての即興演奏/左手をつけてみる/なぜ、ドからはじめたのか?/伴奏風にしてみる/黒鍵を用  いる/5指の移動/モチーフの考え方/フレーズ(楽句)◆1時間でコードをマスターする!-----------------------------------------------157 講義1 音は英語で読む癖をつけよう! 講義2  音と音の距離を測る勉強 講義3  コードを 1 時間でマスターしましょう 講義4  本格的にコードをマスターするには? 講義5  コード進行の基本ご購入はこちら特定商取引法に関する表記は、下記をご確認ください商品に関する問い合わせも下記記載のe-mailとなります特定商取引法に関する表記販売業者 高橋音楽研究所運営統括責任者 高橋 裕二所在地 〒177-0041 東京都練馬区石神井町6-26-21-101電話番号 03-5925-3623E-mail info@pianoletter.com販売URL http://www.ptaka.com/modules/tinyd2/index.php?id=3支払数量 制限なし支払方法 クレジットカード/BitCash/銀行振込(前払い)/郵便振替(前払い)/コンビニ振替(前払い)引渡時期 ダウンロードの場合 代金支払い後、14日以内にインフォトップユーザーマイページより申込み有効期限 14日以内。期限内に入金確認が取れなければキャンセルとします       返品 商品の性質上、お客様の都合による返品は受付しかねますただし、引渡し(ダウンロード時)のトラブルにより、ファイルの破損等が生じた場合は、対応します。    表現及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、 必ずしも利益や効果を保証したものではございません。






















Copyright © 2003-2007 Takahashi Music Laboratory. All Rights Reserved.











詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://qcydsroy.blog85.fc2.com/tb.php/3750-b3dfb2f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。